« 感情 | メイン | 旅 »

2019年6月 6日(木)

憤懣とか

韓国の企業に転職し、彼の地でかれこれ5年ほど単身赴任生活を送っている大学時代の友人が一時帰国ということで、もう1人の友を交え、3人でリュミエール大阪KARATOで昼食を囲んできた。
じっくり話すのは久々で、美味い料理と居心地の良い雰囲気とともに2時間余り語らう、佳きひと時であった。
また!

野菜の遊園地

今さら、年金だけでは足りないので老後資金は自分で何とかしなさい、なんてことを金融庁とやらが言い出したんだとか。
給料から年金保険料を天引きされ、選択肢すらない我々サラリーマンにとっては、国による詐欺被害に遭ったに等しい心境だ。
各々が将来を見据えて資産運用を、などと宣っているが、その"将来を見据えた資産運用"こそが、国家権力が資金を強制徴収する公的年金の仕組みではなかったか?
これならば最初から自分で積み立てていた方が遥かにマシだし、今からでも納めた分を全部返してもらいたい。
あの「消された年金」の騒ぎだって既に忘れ去られているじゃないか。
これで暴動が起きないとは、日本人とは愈々中途半端に満たされ、飼い馴らされた国民なのだと改めて思いを強くする。

選挙を巡っても、解散風がなんちゃら等と喧しい。
今を逃すと任期満了まで解散の好機がなくなる、と考えている与党幹部もいるやに聞くが、そもそもの価値観、立脚点がおかしい。
勝機があるから、勝てるタイミングだから解散するのか?
青臭いことを言うが、4年の任期を全うするのが本来の筋で、それを途中で解散するというのはあくまで例外的な運用であるはずだ。
ところが周知の通り、その"例外"こそがデフォルトになっているのが実状。
治世のためではなく、選挙と保身のために生きている政治屋が多過ぎる。

てなことをこの数日考えている中で、例年以上に大収穫となったジューンベリーを使ったジャム作りをやってみたら、面白かった。
会社のデスクでPC画面や紙の束と向き合って悶々と脳と神経ばかりを使う仕事が多いけれど、こうして手や体を動かして何物かの形を作り上げていく、という仕事こそがナチュラルな営みなんだろうな...と再認識。

お前のじゃないで


♪ Son Of A Bitch - Nazareth


2012年2月 6日(月)

当面最後の代休...か

昼、チャーハンを作ってみたが、ごはんがパラパラにならずに失敗した。
難しいなあ。

夕方にコーヒーを飲みに「オコナ」へ。
あまりに美味いので、おかわりしてしまった。

晩は昨日に続きスイミングスクールへ。
今日は前半でクロールのプル、後半バタフライ。
最初っから腕を使いまくりだったので、Flyのスイムがなかなかきつかった。
Uコーチが一人一人の泳ぎを細かく見て指導を入れてくれたぞ。

帰り、以前より一度行かねばと思い続けていた「双葉温泉」へ。
正真正銘の天然温泉だが、施設としては丸っきり町の銭湯で、昔懐かしい佇まい。
しかし、なんと露天岩風呂まで備えており、410円で満足度は高い。

グッタリだ。


♪ One last run - Nickelback


2011年11月24日(木)

コテツを囲む

昨日午前、1人パソコンをしながら"白ココア"をすすっていたのだが、不注意でガコンとマグカップを倒してしまい、VAIOのキーボードの上にドバーと思いっきりかかった!
type Lは易々とキーボードを分解できるものではなく、なす術なし。

気を取り直して、昼からKさんにお裾分けいただいたアオリイカを捌く。
30分近く掛かったが、何とか無事に解体することができた。

夕方からは料理人の友人・Yさんの家に妻と遊びに行く。
"たけちゃんファーム"直送の鴨をメインとした鍋を用意していただいており、また紅心大根とスモークしたサンマを合わせたサラダが素晴らしく美味かった。

紅心大根とサンマのスモークのサラダ

さすがプロ。
そして今回の主目的は、今年4月に誕生したY家の長男・コテツに会うこと。
当初は若干警戒していた様子だが、一緒に匍匐前進遊びをした頃から打ち解け始めた。

コテツは時計や携帯電話をいじるのがお気に入り

元気に育てよ。
主婦トークもなかなか盛り上がり、21:30にお暇。
Y夫妻、ありがとうございました!

帰ってきてVAIOの電源を入れてみたら、やはり起動せず...。
こりゃ大変だ。


♪ 赤春 ~せきしゅん~ - THE BOOM


2011年2月12日(土)

溺れかけ

午前はスイミングスクール。
1時間のレッスンはあっという間に終わる。
今日はちょっとハードめだったなー。

最近よくヴェランダにヒヨドリがやってくる。

ヴェランダにやってくるヒヨドリ

晩ごはんは、昨日妻が不在時に私が作っておいたカレーライス。
エリンギ、シメジ、タマネギ、パプリカ、三度豆に、季節もののカキも入れてみた。

カキ入りカレーライス

とろみが足りなくてなんだかスープカレーっぽくなってしまったが許せ。

北方領土にズカズカと踏み込んだ上で、まさに盗人猛々しいといった風情がピッタリくるロシア陣営に対してはもちろん腹立たしい思いだが、詰まるところ、自国の領土だと言いながらこれまでなんら実効的な措置を取ることなく、相手がアクションを起こしてきて初めてウジウジと文句を垂れ出す我が国の指導者たちこそが本当の間抜けであることは間違いない。
尖閣諸島や竹島に関しても同様。
外交、内政ともにこれだけツッコミどころ満載のデタラメでありながら、比較的マトモな国家の体を未だ為しているように見えることが、実に不思議である、日本。


♪ When I was Child - Page & Plant


2010年11月 3日(水)

充実の祝日

今日は妻が午前中仕事で出掛けていたので、その間に私が昼ごはんの製作。
昨日の残りの栗ごはんに、アジの開きを買ってきて焼いて、あとはもずくの味噌汁を作ってみた。
グリルで魚と一緒に焼いたタマネギもまあ合格でしょう。

昼ごはん

午後から敷地および拙宅にてA氏と打ち合わせ。
現地だからこそ分かることの確認、そして場所を移して細々とした話と、適所の作業を行うことができ、今日も少なからず前に進んだ感を得た。

「ウクレレカフェ オコナ」で晩飯。
先週無事に入籍を済ませたマスター夫妻、めでたい。
ロコモコとタコライスを食べたが、ともに正常進化を遂げている。
コーヒーも美味かった。

家に帰ってきて上着を脱いだらなぜかトノサマバッタがどこからともなく飛び出てきた!

少し小さめだからひょっとしたらクルマバッタかも?

褐色型。
どこで拾ってきたのか?

話は変わって、黒木昭雄氏の「自殺」報道ほど、ここ最近で腑に落ちぬ出来事はないといっていい。
マンガみたいだけど、実際にこういう消され方はあるのだなあ…。


♪ Won't Get Fooled Again - The Who


2010年10月31日(日)

ブイヤベース作成

草野球の試合が中止になったので、昼「Fru Full」でフルーツサンド喰ってジュース飲んでから買い出しに行き、私が晩飯を作った。
メニューはブイヤベース。
まずは鍋にオリーヴオイルを多めに入れてニンニクで香り付け、それからタマネギのみじん切りを炒める。
そこにハマグリ、剣先イカ、タラ、ブラックタイガーを入れて塩・コショウ。
少ししてから大きく切ったタマネギとホワイトアスパラも加えてさらに炒める。
そこに、サフランで色を付けておいた水と洋風ダシを入れて煮込み、ちょっと後でトマト缶もブチ込む。
ローリエを1枚入れてしばらく弱火で煮たら完成。

ブイヤベースとポテトサラダ

おお、魚介のダシもよく出ておりなかなか美味い。
魚の身が少し崩れてしまったので、それが次の課題だな。
あとはポテトサラダも作ってみた。
若干カレー粉入り。
ごはんよりパンの方が合うかも。


♪ Lonely Boy - Andrew Gold


2010年10月11日(月)

八宝菜製作

妻とともにヴェランダの手入れと掃除を行った。
土を掘っていたら、今やその姿を見る機会がめっきり減ったミミズや、おそらくカナブンと思われる甲虫の幼虫など、結構色々な生物が出てきて嬉しくなるじゃないか。
植物の根と絡み合って冬虫夏草みたいになったセミの死骸とかも。

ミミズおそらくカナブンと思われる幼虫もう少しで冬虫夏草?散歩中のヘルマンリクガメのシロも邪魔しに来る

夕飯は私が八宝菜を作った。
具材は、ショウガ汁・だし・オイスターソース・塩・コショウで下味をつけた豚肉・うずら卵・エビに、ハクサイ、ピーマン、タケノコ、キクラゲ、ニンジン。
「落柿舎」の大将にもらっただしを使い、オイスターソースと塩、コショウ、砂糖で味付け、片栗粉でとろみをつける仕上げの前に醤油とゴマ油を一回し、さらに黒コショウをガリガリと。

八宝菜 ごはんは雑穀入り

味の方はというと、私のイメージより少しだけ甘みが強かったが、まあよしとしよう。


♪ I Shall Be Released - The Band


2010年9月23日(木)

すべて近所で完結

昨晩行った「落柿舎」のご主人にだしを頂いたので、今日の昼飯は私がそれを使って何か作ることにした。
メニューはピーマン・タケノコ・大豆・もやしの炒めものと、しょうがを入れたきのこ汁、それにコープで買った干しいわしを焼いた。

午後、A氏宅に赴いて打ち合わせ。
さらに具体的にいろいろと見え始めてきた。
いよいよ、というべきか、何を採って何を捨てて、という風なタフな作業段階が近づいているのかもしれない。

帰り、H氏の事務所に寄り歓談。
最近のゴールデンコースだな。

「王将」で晩飯喰って、帰宅。


♪ Enjoy Yourself - The Jacksons


2010年9月19日(日)

久々に料理

引き続き妻の体調が万全ではないので、夕飯を急遽私が作ることにした。
お題はゴーヤーチャンプルー。

ゴーヤーチャンプルー

スパムの代わりに豚ロース切り落としを、島豆腐がないので木綿豆腐を使い、しめじや人参、玉ねぎを入れたアレンジ版だが、我ながらなかなか上手くできたと思う。


♪ からたち野道 - THE BOOM


2010年7月19日(月)

久々の晩飯作り

今日は妻が朝からピラティスのワークショップに出掛けてしまったので、何も用事がない私が夕飯を作ることにした。
メニューは鯛めしと肉じゃが。
コープに買い物に行ったら、身がたっぷり残ったとても立派な鯛のあらがあったので、リーズナブルにこれを使うことにし、またあらがだいぶ余りそうだったので潮汁もメニューに加えてみた。

鯛のあら 安いが内容量はたっぷり

そして肉じゃがに入れるものは、じゃがいも、豚肉、玉ねぎ、人参、三度豆、まいたけと具の種類を少し多めに。

肉じゃがの材料

「兵四郎だし」が大活躍。
いざ鯛めしが炊き上がってみると、焦げはいい感じにできていたものの、少しだけごはんがペチョッとなってしまっていた。

鯛めしが炊き上がった

炊き込みごはんは水加減が難しい。
しかしまあ全般的にはまずまずの出来栄えだったのでは。
潮汁にも鯛のだしがよく出ており、肉じゃがの煮具合も我ながら上出来であったように思う。

今晩の食卓おっと三つ葉を載せ忘れていた

妻の評判もまずまず。


♪ The Trick Is To Keep Breathing - Garbage


2010年3月28日(日)

今回はレシピ風に記述

午前、近所のENEOSに愛車のアルファ156SWを持っていき、洗車を頼んできた。
かなり長期間洗っておらず相当汚れていたので、通常の手洗いに加え、ボディコーティングに窓ガラスコーティング、室内清掃、ホイール洗浄まで付けてフルコースを奢った。

洗車直後

いやー、さすがにきれいになった。
もうすぐ丸6年になるが、まだ3万kmも走っていないので経年劣化もそれほどではなく、洗えば輝きを取り戻す。

車を取りに行ったその足で大社の「関西スーパー」に向かって夕飯用の買い出し。
今日は私がごはんを作る。
メインメニューは、魚のハンバーグ。
ちゃんとできるかね?

ハンバーグに使う魚は無難にいわしとした。

いわしたたく

いわしは包丁でたたいてペースト状にし、炒めた玉ねぎ&にんじん、木綿豆腐、つなぎの卵&片栗粉、しょうが、塩、ブラックペッパー、ナツメグと混ぜ合わせる。
魚や豆腐から思った以上に水分が出たみたいで、片栗粉を足した。
そしてまずは片面を強火で焼いて色を付け、ひっくり返した後はフライパンに水を少し加えて蓋をし、しばらく蒸し焼きに。

焼く

この他、もやしとアスパラガスとかぼちゃとにんじんのバター炒め、春キャベツとトマトのスープを作ってみた。

いわしと豆腐のハンバーグ、春キャベツとトマトのスープ、もやしとアスパラガスとかぼちゃとにんじんのバター炒め

ハンバーグの上にスライスした新玉ねぎとかいわれを載せ、だし醤油&みりん&酒で作ったタレをかけて完成。
うん、まあいいんじゃないかな。
ただ思ったより30分ほど余計に時間が掛かってしまったのが反省点。


♪ Science And Religion - John Scofield


2010年3月13日(土)

パエージャ作ったりとか

午前、御茶家所町の「大野眼科」へ歩いて行って、コンタクトレンズの検診。
メニコンのメルスプランを利用しているのだが、今回レンズリニューアルということで、ちょっと嬉しい。

午後、霞町の「Fru Full」へ。
みかんのホットジュース、シトラスのホットジュース、スコーン、フルーツサンドをオーダー。
今日もみかんはとてつもなく甘く、自家製のスコーンとさちのかのジャムはすこぶる美味かった。

店を出て向かったのは大社の「関西スーパー」。
本日の夕飯は私が作るということで、それ用の買い物とか。

帰って早速調理に取り掛かった。
メニューはパエージャ(あえてスペイン語の発音に忠実に表記)、新じゃがいもと新玉ねぎのポタージュスープとサラダ。
パエージャの具は、ハマグリ、エビ、イカ、パプリカ、トマトなど。
ポタージュは作る前はなんだかややこしそうという印象が強くてちょっと構えていたが、いざやってみたらそれほどでもなかったので少し安堵。
バーミックスが大活躍だ。
サラダのドレッシングは、2種のオリーヴオイル(プレーンなエクストラヴァージンオイル&レモン風味のオイル)とバルサミコをブレンドしてみたが、悪くない。

パエージャ、ポタージュ、サラダ

総体的にまずまずの出来で、妻の評価もそれなりだったが、パエージャのパリパリ感が乏しかったのが反省点。
原因としては、炊く水の量を参考にしたレシピの規定に従ったのだが、魚介その他の具がレシピの記載よりも多かったため、そこから余分な水気が出てきたという可能性が最も高い。

今日一番の驚きは、サフランが高いということ!


♪ King Croesus - The World Of Oz


2010年2月26日(金)

オリーヴオイルと鹿肉のマリアージュ

本日は休日出勤の分の振替休日。
昼食は私がチャーハンを作ってみた。
他は、ジャガイモとトマトのスープ、キャベツとキュウリとパプリカのサラダ。

チャーハン、スープ、サラダ

チャーハンにはタマネギ、ニンジン、卵の他に、「香味煙」特製のピリ辛スモークソーセージもたっぷり入れた。
うん、美味い。

夜、「ソムリエ厳選の新油オリーブオイルと丹波鹿肉のマリアージュ」というイヴェントが馴染みの「アルテシンポジオ」にて開催され、そちらに妻と参加。
このイヴェントは、(株)都市設計総合研究所内にある、c & csという名のプロジェクトチームが主催しているもので、“都市と地方都市を食で結ぶ”というコンセプトを元にこのような試みを各所で行っているみたい。
そして今回は、丹波鹿がメインテーマ。
私は実は鹿の肉こそが一番美味いのではないかと思っているので、これは行かぬわけにはいくまい。
しかも丹波といえば先日そこを通ったばかりということもあり、なかなかのタイミング。

主催者とシェフのご挨拶

荻堂シェフが創り上げた丹波鹿尽くしフルコースのメニューは以下の通り。
丹波鹿ロースの低温調理、丹波鹿タンのスモーク、丹波鹿心臓のコンフィ、丹波鹿ラグーのタリアテッレ、丹波鹿モモ肉のタリアータ、オリーブオイルにあわせたバニラのジェラート。

丹波鹿ロースの低温調理丹波鹿心臓のコンフィ丹波鹿ラグーのタリアテッレ丹波鹿モモ肉のタリアータ

今これを書いている最中、丹波鹿タンのスモークの写真を撮り忘れていたことを知って愕然としているのだが、嘆いても仕方あるまい。

各ディッシュに、オリーヴオイルソムリエであるマダムがチョイスしたオイルが合わせられているわけだが、それぞれのオイルの説明とともにそのマッチングも皆楽しんでいた。
鹿のタンのスモークは初めて食べたが、実に美味かった。
オリーヴオイルもバッチリ合う。
ラグーのタリアテッレはガツンと濃い目の味付けでパンチが効いており、肉そのものにも野趣が強く出ていた。
もちろん美味かった。
そしてモモ肉のタリアータ、脂肪分の少ない赤身肉の旨味がレアのソテーによって全面的に活かされており、さすがの美味さ。
これぞ鹿のステーキだ。
エゾジカの肉も私は大好きだが、それよりももっと脂肪が少なくヘルシーなイメージ。
バニラのジェラートにオイルをかけるのも、サラダ用ドレッシング感覚で面白かった。

オリーヴオイルの説明をしているマダム

参加者は総勢14名、主催者サイドの知り合いの方や、店のお客さんなどが集っており、いつものようにバラバラのテーブルで食べるんじゃなくて、皆で歓談しながらの形態なので、それもまた楽しい。
人と人とのつながりも広がるし。

しかしこうして見ると私が作ったチャーハンの写真は載せるべきじゃなかったな…。


♪ The Analog Kid - Rush


2010年2月11日(木)

カレーライスなどを作った

今日は祝日につき私は休みだが、妻はピラティスレッスンの仕事があるので午後から出ていった。
というわけで、私が夕飯を作ることに。
コープで買い物を済ませ、ケンタロウの本などを参考にしながら調理に取り掛かる。
メニューは妻のリクエストに従い、カレーライス。

一段落ついたところで

簡単に仕上げようと思えばいくらでも略化できる品だが、逆に凝ろうと思えば際限がない。
なかなか面白いな。

作ったのは、パプリカ・三度豆・挽き肉・エリンギ・しめじ・炒め玉ねぎなどの入ったカレーライス、セロリ・きゅうり・にんじんを2種のオリーヴオイル・バルサミコなどのドレッシングで和えたサラダ、玉ねぎ・ピーマン・ベーコンのコンソメスープ。

カレーライス、サラダ、スープ

うん、思ったより美味いではないか。
セロリは葉っぱまで入れてみたのだが、最初デカい葉をそのままかじった時はあまりの刺激にどうなることかと思ったものの、オイルと和えたら充分いける。
夜に帰宅した妻も笑顔で食べきり、一安心。
千切り&みじん切りマシーンが欲しい。


♪ 5 Ways To The Gutter - Warrior Soul


2010年1月24日(日)

「オーシャンズ」とか

昼、霞町のフルーツパーラー「Fru Full」へ。
ミカンのホットジュースとバナナのホットジュース、フルーツサンド、それからイチゴのパフェをオーダー。
ミカンはそろそろシーズンも終わりだが、今日のジュースは糖度が最高の15.8を記録したと、店のご主人がテンション上がり気味で糖度計を見せてくれたほど、甘くて美味かった。

イチゴのパフェ

これらのみならず、サーヴィスでリンゴ、イチゴ、タンカン、キンカンをちょっとずつ切って出してくれ、さらに我々が美味い美味いと唸っていたら、沖縄産のタンカンをお土産に頂きまでしてしまった。
そして店主が草野球キチガイであることが判明。
今は日曜仕事のため遠ざかっているそうだが…。

「Fru Full」を出て、「109シネマズHAT神戸」へ向かった。
映画「オーシャンズ」を観るのだ。
なぜか、と言ってしまうのは若干失礼かもしれないが、今日のHAT神戸は混雑していた。
「オーシャンズ」上映のシアターもかなり埋まっており、やや驚き。

「オーシャンズ」はさすがに映像美が素晴らしい。
どうやって撮ったんだろう、よくこんな場面に出会えたな、といった題材のパワーはもちろんあるが、それと同等に、精細で鮮明な映像美が印象に残る。
ただ、後半に持ってきていたあまりに恣意的な構成と説教臭い教示はちょっとどうなんだ。
反捕鯨国のフランス人であるジャック・ペランが何かのメッセージを込めた、と理解すれば納得しやすいのかもしれないが、それはあまりに穿ち過ぎか。
アラステア・フォザギルであればこのような作りにはしなかったような気がする。
イルカと水鳥がイワシを捕食しているところにニタリクジラが突っ込んでくるシーン、海底を埋め尽くし蠢く無数のカニの群れにはド肝を抜かれた。
シャコとカニの一騎打ちもすごかったが、一つ一つの動きにつけられているSEが少し安っぽく感じた。
妻のお気に入りは、ウミウシがヒラヒラと海面を目指して泳いでいく映像。

映画を観た後、同じHAT神戸にある関西スーパーで買い物をして帰り、珍しいことに私が夕飯のおかずを作ってみた。

晩ごはん

といっても簡単な豚のしょうが焼き。
まあ食べられる味になっていて安心した。


♪ What U Lookin' At? - Kid Rock Feat. Uncle Kracker