« 2018年6月 | メイン

2018年7月20日(金)

半年

ドーベルマンのそらみが今日でちょうど生後半年。
体重は今朝測ったところ、19.7kgに達していた。
我が家に来て約4か月、これまでは大きな問題なく順調に成長してくれている。

近所の川で

半年を過ぎたら散歩の距離を伸ばし、スピードも少し上げて、全体的な運動強度を高めていこうかな...と考えていたのだが、この異様な暑さではその方針を変更せざるを得ない。
ただでさえ「散歩行き過ぎ」と言われているので、涼しくなるまでは決して無理させないようにコントロールしていかないと。


♪ I Wanna Be Your Dog - Iggy Pop


2018年7月14日(土)

犬の幼稚園さまさま

そらみが元気に幼稚園に登園していった昨日午前は、本当に久しぶりに山へ、豪雨後のパトロールも兼ねて行ってきた。
神呪寺から甲山頂、甲山キャンプ場、仁川河原、広河原と回り、締めは甲山ハニーガーデンカフェまで足を延ばしてランチ。
あまりの暑さにほぼハイキングのようなペースだったが...。
トレイルは思ったほど崩れているところはなかったが、仁川の水嵩がこれまで見たことないぐらいに、雨が止んで5日経ったこの日もまだあった。
いつもは渡河できるところも、ルナサンダルでも厳しい。

ルナサンダルで

ルナサンダルと言えば、初めてこれを履いてそれなりの距離を踏んだが、私のはオソ・フラコという、グリップが自慢のモデルだけあって、山でも川でも滑らず頼り甲斐がある。
サイズも、普段はUS9のところ、1つ落として8にしたが、それがピッタリ。
ただ、アスファルトの下りなんかではアキレス腱を中心にやはり高い負荷が掛かっている感じがする。
山の下りでも、シューズに守られている時のようにガツガツ乱暴に踏み込んで飛ばすことはもちろんできないので、私のような低レヴェルのランナーはロードランをする際、あるいは山をしっかり走りたい際はおとなしくシューズを履いた方がいいだろう。
足を運んで置く技術がまだまだ未熟と痛感した。
都合、距離が10.4km、累積標高が350mだったが、涼しくなる頃にはそらみとこれぐらい行けるだろうか?

今日もそらみは元気いっぱいで迎えの車に飛び乗って幼稚園に行ったので、その間にこれまた久々にローラーでバイクのインドアトレーニング。
半ばリハビリのようなものなので、マックス2.5w/kgぐらいのパワーで余裕を持って、約50分間、クルージング。

3本ローラーでZwift

昨日も今日もそうだったが、意外とブランクによる衰えは感じられなくて、かえって疲労の蓄積がないせいか、間が空いた割りには動きが軽かった。
多分、基礎体力も心許ない私みたいな40代のなんちゃってアスリートは、あまり根をつめて練習を重ねるのではなく、積極的に休養を入れながらボチボチやっていく方が結果的に高いパフォーマンスが出せるのだろう。
にしても今の私は休養しっ放しだけど!


♪ Desert Moon - Great White


2018年7月12日(木)

今年の夏休みは引きこもり

先週末から妻が家出...ではなく、しばし旅に出ており、10日間ほど一人暮らし。
世の中がこのような時期に重なってしまい誠に恐縮ながら、この間、私も夏休みを頂いて諸々をこなしているわけだが、いやー大変だ。
朝夕2回の犬の散歩に食餌の用意、合間にちょっとしたトレーニングを兼ねた遊びを入れて、サークル&ケージの清掃に粗相の始末、そしてうちにはリクガメと魚もいるので、そやつらに餌を喰わせて住環境のメンテナンスをして、その隙を見て自分の食事をしたり買い物に行ったり洗濯をしたり掃除をしたり風呂に入ったりゴミ出しをしたり、加えて私の家事能力の低さも相まって...。
普段、いかに楽をさせてもらっているかが身に沁みて分かる。
改めて、家族の存在と周りのサポートに感謝と敬意を。
折り返して今日からようやく後半戦に入ったな..と、早くやり過ごさなきゃみたいな心境にもなりがちだが、せっかくの日々なのでもっと楽しまないと。

お気に入りのおもちゃを齧るそらみ


♪ Hold On To Your Hat - Rolling Stones


2018年7月 2日(月)

森の力

先週は仕事で、ミスかどうかは微妙だが決して利口とは言えない立ち回りをしてしまい下がり気味だったし、今日は今日で、23年目に入った社会人人生でもトップ3に入るんじゃないかというハプニングに見舞われて一時は窮地に追い込まれたが、そんな色々を吹き散らしてしまうぐらいに森林セラピーは気持ちが良かった、取材であっても。
やはり私は、大自然の中に身を置くことが他の人よりも格段に好きみたい。

マキノ高原の調子ヶ滝へと至る途上で隠れているつもりのアオダイショウ

そらみがもう少し成長したら、一緒に山を駆けたり川を渡ったりテントで眠ったり...今からとても楽しみだ。


♪ ラック - ポルノグラフィティ