« 2020年1月 | メイン

2020年2月19日(水)

東京マラソンを巡る騒動について

東京マラソンの一般参加中止に関して、一部の識者や政治家などから「参加料を返金すべき」との言が上がっている。
それに同調して、「これだけ規模を縮小するなら経費もだいぶ抑えられるはず」という論もしばしば目にするが、実際はそうではなく、運営費の大部分は広告宣伝やパンフレットなどの印刷物、資機材の準備、一般ランナー38000人分の完走メダルや参加賞のTシャツ、数万人のヴォランティアスタッフ用のキャップやジャンパーなど、既に発生している事前の準備に充てられており、当日に掛かる経費は割合としては微々たるものだ。
EXPO用に抑えていたビッグサイトのキャンセルフィーがどれぐらいかは分からないが、ブースの出展料も入ってこないだろうから、良くてトントンだろう。
今回のように規模を大幅に縮小して沿道警備の人数を減らせたとしても、彼らはそもそもほとんどがヴォランティアなので人件費は発生していない。
明らかにコストとして削れるのは、用意する給水や給食、簡易トイレが少なくて済む、ぐらいだろうか。
一部の人たちが指摘するように、返金しないことで運営側が焼け太り、なんてことはまず考えられない。
この辺りはやっぱり大会に参加した経験がないと想像が及びにくいのかな。
もちろんこういった事情と、今回のような理由で運営判断により一部中止となった場合に返金すべきか否か、という議論は別の問題なので、そこは突き詰めたら良いと思うが、仮に返金すべしとなった際、あるいは来年の優先出走権のみならず参加料も免除すべし、となった際、財団に内部留保がどれだけあるのか知らないが、いずれにせよ公金を投入せざるを得なくなる、ということまで併せて考えるべきと思う。
その時に都議会や都民の理解を得られるのか、また誰かが「税金を使うのはおかしい」と言い出すことはないのか。
ただでさえ国内の多くのマラソン大会が赤字基調であり、助成金なしでは成り立たないのが現実であるのに。
今回の議論発生についても、前提として巷間に「マラソン大会の主催者は儲かっている」という誤解があるのが一つの理由かもしれない。
確かに地方にとっては、大会の開催が町おこしや地域活性に一役買うことはあるが、殊、運営に関しては、参加料収入だけで賄うのは難しく、ある程度自治体頼み、ヴォランティア頼みにならざるを得ないのが現状だ。
あと、ぜひ落ち着いたら今回東京マラソンから除外されてしまった当事者たるランナーにアンケートを取ってほしいが、記念受験的に応募したら当たってしまったような人は別として、「返金されないのはやむを得ない」と納得している人の方が数としては遥かに多いんじゃないか、と市民アスリートの末端の一人としては確信しているのだが...。


♪ Warp Asylum - White Zombie


2020年2月18日(火)

今年のNBAオールスター

コービの件があったのも大きかったんだろうが、今年のNBAオールスターウィークエンドは盛り上がったようだ。
本戦にも堂々選ばれているドンチッチとヤングに、ザイオン、モラントとタレントが揃い、我々日本人にとっては八村が出たのも大きかったライジングスターズチャレンジに始まり、ハワードの復帰が話題を呼んだダンクコンテスト(最後のゴードンの判定は物議を醸したが)、そしてファイナルターゲットスコア方式へとフォーマットが変更され、最終Qはプレイオフさながらの真剣勝負になったという本戦。
従来馴染んでいた方式を大きく変えた場合、何かと反発や不満が募りがちだが、この新フォーマットに関しては選手たちの評判も上々のようで、来季以降も実施されそう。
今年の開催地はシカゴというビッグマーケットだったというのも、盛り上がりに一役買っただろう。
おまけに配信の視聴者数もだいぶ増えたみたいだし。
いつか観に行きたいなあ、オールスター。


♪ Phallic Tractor - Racer X


2020年2月14日(金)

左ふくらはぎが太くなった

寝不足&疲労蓄積で若干コンディションが悪く、行くかどうか迷ったが、こうしてすぐに顔を出すサボり癖に負けてはならぬと気合を入れて、スイムレッスンへ。
案の定、終盤には両足の裏がピキピキと攣りかけた(汗)。
もう一つ、左のふくらはぎに今日は少し痛みを感じたが、これは筋肉を使えるようになってきた証左。
かれこれ5年近くピラティスセッションで面倒を見ていただいているパーソナルトレーナーの方々のおかげで、近頃はだいぶ左半身に体重を乗せることができるようになった。
左右の脚の太さや筋肉のヴォリュームも、差が小さくなってきた。


♪ Four On The Floor - The John Scofield Band


再開発進む三宮にて

河合美智子さん・峯村純一さんご夫妻のお導きで、映画監督の白羽弥仁さんと合わせ4人で会食をさせていただいた。
似て非なる映画とテレビの世界、先輩方の含蓄に富んだ経験談などを傾聴しているだけで色々と勉強になり、また面白かった。
監督には、映画にまったく詳しくない私のような若輩者にも気さくに接していただき、誠に多謝。
皆さま、ありがとうございました&今後ともよろしくお願い申し上げます。

串かつ 大原で


♪ The Beautiful People - Marilyn Manson


2020年2月11日(火)

祝日のガーデンパーティー

町内の友人宅で催されたガーデンパエリアパーティーにお呼ばれしてきた。
快晴のアウトドア日和、庶民とはスケールが違うセレブなお家にテンションは上がり、まさに非日常のランチタイムだった。

20人集まってもまったく問題ないスキップガーデン大量の牡蠣 美味かった巨大鍋で作るパエリア

我々は来客があったため一時帰宅、そちらはそちらで主に安藤忠雄氏の話題で盛り上がった後、そのお客さんたちもお連れして再びパーティー会場へ押し掛け。
昼から続く宴は室内に場所を移し、さらにゴージャスな夜を楽しませていただきました。

夜の部にはそらみも参加リヴィングもとてつもなく豪華エルマとジギーと

本当に素晴らしいご近所さんたちに恵まれていることに、感謝。
ご準備いただいたホストのKご夫妻、そしてご一緒賜った皆様方、誠にありがとうございました。


♪ Lonely Heart - Boyz II Men


2020年2月 9日(日)

京都行とペース走

昨日は2年点検でイヴォークを入庫、代車のE-PACEに乗り換え、その足で一路、京都へ。
四半世紀を超える人のご縁に導かれ、宇治から松ヶ崎へと手繰ってきた。

連絡をくれたNシェフ思い出多きル・プティ・プランス

色んな話をして、色んな感情がない混ぜになって帰宅し、この先忘れることがないであろう、りんごのタルトとチーズケーキを頂いた。
これからも変わらぬご厚誼をよろしくお願いします。

人のご縁と物語が詰まったタルトとケーキ

今朝は久々に武庫川SCのロード記録会に参加しようと思っていたのだが、諸々あってスキップしてしまったので(そらみと布団の温もりに屈してしまったので)、北山ダム湖畔で独り、10kmペース走をしてきた。

温もりに負けた湖畔はとにかく風が強く冷たかった

耳がちぎれそうなほど風が冷たく強く、滴り落ちる鼻水との戦いでもあったが、なんとかターゲットタイムの50分をクリア、5分/kmのリズムはだいぶ体に戻ってきた気がする。


♪ Bohemian Rhapsody - Queen


2020年2月 6日(木)

Oさんの希望で甲山頂へ

犬7頭+人間10人の群れで甲山に上って遊んできた。
寒かったのでサンちゃんの形見分けで頂いたジャケットを着せて。

サンちゃんの形見のジャケットを着て

登頂前には、Oさんがみんなの分を買ってきてくれたルマンのサンドウィッチを頬張り、天気は良かったし、ちょっとした遠足気分で楽しいひと時だった。

サンドウィッチを狙う黒い鼻面途上、森林公園の自由広場でひと遊び御大2人を励ますそらみ山頂に到着ここでも行儀が悪い「え、もうみんな帰るの?」集合写真噴水の縁に乗ってチョケる


♪ I've Got Dreams To Remember - Otis Redding


2020年2月 3日(月)

10年目の新発見

子供の頃から水泳を習っている人にとっては笑止千万だろうが、今夜のスイムレッスンで、ボディポジションを高く引き上げて保持するコツを今更ながらに体で感じることができた。
スイミングスクールに通い出して10年目の46歳、まだまだ新発見があって面白い。

いい年した大人の皆さん、やってみたいことがあったら何歳からでもチャレンジしてみると楽しいですよ、お勧めです。
"やらない"と"できない"を混同して、「羨ましい」という言葉で終わらせてしまっては本当にもったいない。
人生は過去にあるものでも未来にあるものでもなく、"今"の積み重ね。
常に"今"がピークであるよう、"今"を楽しく上機嫌に生きましょう!


♪ Take Me Now - The Cars


2020年2月 1日(土)

2月

お茶会帰りの妻とバガヴァッドへ。
着物とカレーというなかなかのミスマッチ。

着物とカレー

月の最終日に滑り込みとなったが、いつ以来か分からないぐらい久しぶりに先月の走行距離が100kmを超え、ようやく12km/hで30分以上走っても息が乱れないところまで戻った。
その代わり今年に入ってまだバイクに乗っていないが...汗

そらみと散歩をしている時、たまに3分/km(20km/h)ぐらいのペースで引っ張ってもらい、数百m並走することがあるのだが、こちらはハアハアゼエゼエ、息も絶え絶えながら、そらみにとってこの程度のスピードは無論、脆弱な飼い主に気を遣って抑えているジョギングペースに過ぎないので、走り終わっても口すらまったく開いていないのがさすが...などと妙な感心をしてしまう。

今日はオリーブ&ライムとハチャメチャ


♪ More Human Than Human - White Zombie