« 2020年2月 | メイン

2020年3月29日(日)

きょうだい邂逅の浜松一泊旅

浜松在住の犬友のアレンジで、そらみと同胎のきょうだい犬と一緒に遊ぶ機会を設けていただいた。


2020年3月28日(土)

10時、家を出て東へ向かう。
甲南PAと赤塚PAで休憩を挟み、ちょうど14時に浜松のF邸に辿り着いた。

甲南PAで

同胎犬の到着を待つ間、まずはF家のまめたろう&らん丸とともに、ご自宅に造られたドッグランを駆け回ったり、家中でコーヒーとおやつを頂いたり。

まめたろう&らん丸と家中でおもてなしもしていただいた

そして満を持してきょうだい犬、ハーヴィーが到着。
小さな頃から一際大きなオスだったが、2年経った今でもやはり大きく、そして性格も当時と変わらずおっとり、穏やか。
そらみとの相性も良く、楽しそうに遊んでいた。
同じ胎から生まれて並んで乳を飲んできた子らが...と当時の動画を見返しながら思いを馳せると、言い表しようがないほど感慨深い...。

ハーヴィーと2S 同胎だけによく似た顔優しいハーヴィーとは仲良く遊べる

夕刻、F邸を辞し、ハーヴィーのところのT家とともにこの日は三ヶ日のアクアペンション クッチェッタに宿泊。
ほぼ犬連れ専用のようなドッグフレンドリーな宿で、フレンチテイストの食事も美味しかった。
浜名湖に面したロケーションで、好天であれば景色が良さそうだが、この週末は生憎の空模様で若干残念。

タオルは犬柄調度品もこんな具合レストランも犬同伴可オプションで注文した生牡蠣


2020年3月29日(日)


朝から雨浜名湖畔でブルブルッ

8時から朝食。
朝から雨で外では遊べないが、レストランでハーヴィーとワンプロ、部屋に戻ってもワンプロと2頭ははしゃいでいた。
併設のカフェ&ショップも一緒に覗き、オーナーさんにかわいがっていただいた。

朝食も一緒にショップで2S部屋でワンプロ

10時過ぎ、宿を後にし、帰路に就く。
ハーヴィーとは近々また会えたらいいなあ。
F家、T家の皆さま、本当にありがとうございました!
とても楽しい一泊二日の小旅行だった。

T家のアネラも来ていた

帰りは桂川PAに立ち寄り、13時半、無事自宅に帰着した。

桂川PAで


♪ 掌の海 - THE BOOM


2020年3月27日(金)

恐るべしワンゲル係数

昨日はデッキテラスに人工芝マットを敷いて、それからそらみ用のベッドを新調した。
人工芝は、もちろん人間が寝転んで気持ち良いというのもあるが、発端は無論(笑)、そらみのため。
ベッドも、人間の布団が何枚買えんねん...という恐ろしい代物だったりするが、まあとにかくそらみのものばかりが増えていくし、ワンゲル係数の上昇が止まらない...。

人工芝マットを敷設気持ち良いか?ゲルを使ったドギーベッドの新製品寝かせてみた


♪ Woman You Must Be Crazy - T-Bone Walker


2020年3月20日(金)

ひっそりと

今晩は半分仕事つながりの方々と小ぢんまり会食。
ほんのり同窓会のような雰囲気もある集いなので思い出話に笑いがこみ上げたり、あるいは各々の"今"の話に耳を傾けたり。

金目鯛のしゃぶしゃぶなどを喰らいながら

良い刺激が入った。
皆様、ありがとうございました!


♪ Rodeo - Garth Brooks


2020年3月18日(水)

5Gですか...

人体等への悪影響について完全に疑義が払拭されているわけではない(少なくとも万人が納得するほど説明が尽くされていない)にも拘らず、"必要だから"という観点ではなく、"技術的に可能だから"という科学原理主義に立脚した本能を拠り所に、過剰な新サーヴィスを提供するということは、決して"経済的成長"でも"文明の発展"でもないと思うのだが...。


♪ Runnin' With The Devil - Van Halen


2020年3月17日(火)

共存

打ち勝つ、というよりも、いかに共存していくか、ということを考えていくフェイズにそろそろ入ったのではないだろうか。
つまり、車にはねられるのが怖いから外に出ない、というのではなく、交通事故に遭わないように気を付けて道を歩く、という風に。
リスク管理をしつつ、正常な社会生活を取り戻していくようにしないと、色々なものが壊れて立ちゆかなくなるし、ウィルスで亡くなる人よりも活計を失って生きていけなくなる人の方が多くなってしまったら元も子もない。


♪ Seven Turns - The Allman Brothers Band


2020年3月16日(月)

危なかった

「今日は寒いなあ、週末遊び倒した疲れも感じるなあ、花粉で喉もイガイガしてきたなあ、世の中もなんだか閉塞的なムードだしなあ、まだ月曜だし体力温存しとくか...」などと口実をあれこれ設け、予定していたスイムレッスンを飛ばして真っ直ぐ帰ろうとしていたら、ちょうどエレヴェーターで乗り合わせた職場の先輩が「今日は風が冷たいから歩いて帰るの止めよう」と呟き日課の帰宅ウォーキングを諦めようとしていたので、反射的に「サボる理由を探しているだけでは!」と偉そうにツッコんでしまったが、その瞬間、「これはまさしく自分自身への喝ではないか...」と気付き、心を入れ替えて無事にスイミングスクールへ行って泳いできた。
Nさん、ありがとうございます。

同志の皆様方、易きに流れ、継続すべき習慣を途切れさせるのは本当に簡単なことです。
例えば自分の中のS魂とM魂を見出すことができたりしたら、しめたものです。


♪ Scarred - Dream Theater


2020年3月15日(日)

生まれ変わったジェイズヒルガーデンへ

前から気になっていたが、伺う機会のないままに閉店してしまった篠山のカフェ、ジェイズヒルガーデンが、経営者が代わりこの週末はプレオープンとしてランチ営業中、ということで、ご近所の犬友さんと一緒に行ってきた。
その名の通り、庭が気持ち良く、ロケーション最高で、ランチのドリアとデザートのケーキも美味。
他に来られるお客さんもなんだかほとんどが犬連れのようで、そらみもムートン&ロンも、そして我々人間も、本当に楽しい日曜の午後となった。
あまりに心地が良すぎて長居してしまい、西宮北ICからの帰路が大渋滞する時間に差し掛かってしまった...(汗)。

ジェイズヒルガーデンにやってきたおもちゃを取り合うムートンとそらみを尻目にロンは練り歩く「なあ、それちょうだいや」楽しいね~


♪ Zcmi - D:A:D


2020年3月14日(土)

犬も人間もエクササイズ

アルファ156SWを買う時にとてもお世話になったショップの社長が、66歳という若さで亡くなられたという訃報が朝から飛び込んできて、絶句。
本気で最初は悪い冗談だと思った。
私がいつかそちらへ渡った際は、また車談義の相手をさせてください。

そらみを連れて"お山"へ。
昼になると雨のピークは過ぎ、止んでいる間にたっぷり遊ぶことができた。
お山の子たちと遊んでいたら、後からご近所の仲良しさんたちも駆け付けて、今日も楽しい犬遊びであった。

まずはアーロ、バルー、ビーンと今日もアーロにストーキングされるビーンとサリ「あ、来た来た~」早速パリスとワンプロ今日もお山はハチャメチャだった

犬に運動させたら人間も、というわけで、夜はローラーでバイクを1時間。
ハムストリングが心地良く草臥れている。

GARMINのZwiftデータ


♪ Crazy Night - R. Kelly Feat. R. City


2020年3月 8日(日)

タオカコーヒー初見参

雨上がりの午後、オープンしてからまだ行ったことのなかったタオカコーヒーを目指して、そらみを連れてふらりと歩いて向かった。
やはりこのご時勢、アウトドアには人が多い。

まずは川で軽遊び北山ダムを通って遊歩道は水浸し

店にもひっきりなしに客が訪れ、商品受け取りまで時間は掛かったが、正直、期待していたよりもコーヒーは美味しかった。
山の空気も吸って、楽しい2時間だった。

タオカコーヒーに到着甲山自然観察池にも立ち寄りはしゃぐ


♪ Lovely - Boyz II Men


2020年3月 7日(土)

"お山"からの快調走

今日は"お山"へ行ってきた。
昼間は快晴で、里帰りのピッチやポン太を始め、大中小たくさんのお友達に会えて遊び倒し、そらみは大満足。
皆さん、ありがとうございました~。

ピッチと再会変態アーロ穴にハマってコケてもすぐに立ち直るポン太

家に戻ってそらみが熟睡している間に、私は北山ダム畔で12kmのいわゆる快調走を行った。
ターゲットタイムを設定することなく、ちんたらでもなく追い込みもせず、そして道中、時計もほとんど見ずに、自分が気持ち良いと感じるペースで走ったところ、1km毎のラップ幅は4分51秒~5分11秒で、平均5分2秒/km。
この楽ちんペースがコンスタントに5分を切ってくるようになると、1段階ステージを上った感が得られるんやろなー。
クリフトン6は確かに良いシューズで、これなら足裏を傷めることはまずないと感じられるクッション性が素晴らしいが、このペースより速く走るならやっぱりリンコンとかカーボンXの方がよりしっくりくるんだろう。
そして外ランでは、自分との戦いに加え、花粉との激闘も始まった...。

お馴染み北山ダム桜のつぼみ


♪ One Of These Days - Ten Years After


2020年3月 2日(月)

所感

どうしてもこんな時だから新型コロナウィルス関連で思うところが色々あるのだけれど、例えば「インフルエンザの方が死者もたくさん出ているしよっぽど危険! 怖がり過ぎ!」と嗜める論調も、「とにかく人が集まるイヴェント類は全部中止! なんやったら学校も突然休み!」と思考停止に陥る自粛も、ともに違和感が否めない。
我々一般人が現時点で知りうる情報は限られているし、そもそもこのウィルスによる疾病が公式に確認されてからまだ3ヶ月も経っていない。
既知のインフルエンザと比べて感染力や致死率がどうなのかという実態は、"まだよく分からない"というのが正直な見解だという気がする。
現時点では、「めっちゃ怖い病気だ」とも「全然大したことない」とも言い切ることは誰にもできない、というのが本当なのではないか。
だからこそ、今行われている措置が果たして科学的に実効性があるのかどうかという議論が置き去りになっているのはまったくもっておかしいとは思うけれども、特効薬やワクチンがまだ開発されていない現状では、感染拡大をできる限り喰い止めることが肝要なのは間違いない。
その意味でやっぱり日本政府のやってることはとんちんかんで、特定国を経由した入国制限の遅れは言わずもがな、"陰性確認されてから2週間隔離"という素人でも即座に分かる措置を取らずに、"自宅待機を要請"などと寝呆けた言っているから市中感染はもう経路を辿れないぐらいに広がっている。
検査を受けていないだけで数に入っていないキャリアが一体どれほど存在しているのか...。


♪ 真理教、魔を祓う尊師の歌 - 真理の御魂 最聖 麻原彰晃尊師


2020年3月 1日(日)

キッチンペーパーまで?

うちのトイレットペーパーやらなんやらがそろそろ切れそうだったのでドラッグストアに寄ったら、話題の惨状を目の当たりにして、引いた。
なんだこれは、昭和48年か?

昭和48年ではなく令和2年の光景

「私は思考力も想像力も助け合いの精神も持ち合わせていないアホですよ」と喧伝するに等しい、買い占めという行為に加担する人が世の中にこれほどいるとは、ほとほと呆れ返る...。
彼らは騒動が収まった後、家に山と積まれた物資を見て何を思うのだろうか?
本当に色んな面で、日本はくだらない国に成り果ててしまった。


♪ 昼休み - 山崎まさよし